オススメ!海外ドラマ!

管理人オススメの海外ドラマを紹介するブログです!

是非観て欲しい!おススメの海外ドラマその⑦〖ゲームオブスローンズ〗

本日おススメする海外ドラマは、こちら!
f:id:mochida0703:20181226230526j:plain
ついにきました!ゲームオブスローンズです!

現在Huluにてシーズン7まで配信されているゲームオブスローンズですが、世界中に熱狂的なファンが大勢いることで有名ですね!
私の大好きなビッグバンセオリーでもゲームオブスローンズの話はたくさん出ています。
私は、戦国時代や明治維新なんかの歴史が好きなのですが、そうした歴史物・英雄譚が好きな方は絶対にハマると思います!
元々は小説『氷と炎の歌』を元にしたドラマですが、とにかくスケールが壮大な世界観です。

☆あらすじ
物語が壮大すぎて、あらすじだけで終わってしまいそうなくらいですが、簡単に・・・。
北の領主であるスターク家のエダード・スタークの元へ古くからの友人であり、現在の七王国の王であるロバート・バラシオンが訪れる。ロバートは先の王の手(関白や摂政のような立場)であり、エダードとロバートの育ての親でもあるジョン・アリンが病死した為、エダードに次の王の手になるように要請する。要請を受けたエダードは2人の娘の共に首都キングスランディングに赴くが、平和な北部の領地とは違い首都ではサーセイ王妃を始め一筋縄では行かない者たちが暗躍していた。やがて、先代王の手ジョン・アリンは暗殺されたことを突き止めるが、スターク家は戦乱に巻き込まれていく。
一方、スターク家で落とし子(妾の子)として差別されながら育ったジョン・スノウは、壁(北にある巨大な壁。なぜどうやって作られたかは不明)で北の脅威から王国を守る叔父ベンジェン・スタークに憧れ、冥夜の守人(ナイツ・ウォッチ)に加わることを志願してウィンターフェルを離れる。
海の向こうでは、数年前のロバートの反乱によって王座を簒奪され追放されたターガリエン家の生き残りであるヴィセーリスが王座を取り戻そうとしている。そのために妹のデナーリスとドスラク族の族長であるカール・ドロゴを政略結婚させる。

以上が簡単なあらすじになります。
シーズン1から物語が各方面に散らばりますが、おおよそは、

①スターク家の人間が戦乱と権力の渦に巻き込まれながら成長していく話(スターク家VSラニスター家)
②ターガリエン家のデナーリスが女王になるまでの話。
ラニスター家のティリオンの冒険。

の3つに分けられます。

☆登場人物
●エダード・スターク
通称ネッド。北部を治めるスターク家の当主。
名誉を重んじる誠実な人物。誠実過ぎて、怪物だらけ嘘だらけのキングズランディングでは苦労をする。
親友のロバートと〈ロバートの反乱〉を起こしてターガリエン王朝を倒した。
とにかくイイ親父。

●キャトリン・スターク
ネッドの妻。タリー家出身。幼馴染のピーター・ベイリッシュにストーカーのような愛を向けられる。
ネッドとの間に5人の子を産むが、落とし子であるジョン・スノウには敵意をむき出しにしている。
悪い人では無いのだけど、好きになれない系お母さん。(個人的にです)

●アリア・スターク
冒険好きで男勝りの少女であり、姉のサンサとは不仲であるが後に和解。自分のダイアウルフの名前はナイメリア。姉サンサと父エダードと共にキングズランディングに移り、兄ジョンからもらった細身の剣(ニードル)を使いこなす為、ブレーヴォスの剣士シリオ・フォレルに訓練を受ける。後に、暗殺者『顔の無い男たち』の一員となる。敵にはしたくない系女子。

●サンサ・スターク
美しく女らしい少女で、妹アリアとは不仲であるが後に和解。皇太子のジョフリーと婚約し、キングズランディングに移って宮廷生活を楽しむ。ダイアウルフの名前はレディ。
スターク家が戦乱に巻き込まれて散りじりになった後、権力に翻弄されながらも王妃サーセイの影響を受けつつ成長する。
最終的にはデナーリス・サーセイの女王対決に名乗りをあげるか!?

●ジョン・スノウ
ネッドがロバートの反乱の際に連れ帰った落とし子だとされるが、出生は謎。 北部の習慣に従い、落とし子を意味する"スノウ"姓を与えられる。
ダイアウルフの名前はゴースト。継母キャトリンの敵意にさらされて育つが、父親に似て真っすぐな性格。叔父ベンジェンに憧れて冥夜の守人(ナイツウォッチ)に加わる。ラニスター家のティリオンとは、はみ出し者同士の友情を育む。親友のサムウェル・ターリーと共に壁で成長する。
真っすぐすぎて敵の術中にすぐにハマってしまうのが玉にキズ。

●ブラン・スターク
高いところが好きな冒険好きな男の子である。サーセイと双子の弟ジェイミーの性交を見たために塔から突き落とされ昏睡状態となる。暗殺者がブランを襲うが、ダイヤウルフのサマーに助けられる。
しばしば三つ目の鴉の不思議な夢を見る不思議男子。
彼の存在自体がネタバレになるので多くは語れない。

●ロブ・スターク
スターク家の長男。
シオン・グレイジョイとは親友。

●デナーリス・ターガリエン
ターガリエン家の生き残り。
ドラゴンの母。奴隷解放者。
エッソスという大陸で仲間を増やし、力を付けて、3匹のドラゴンと共に7王国へ殴り込みをかける。
こんなキレイな女王に仕えたい!でも敵に回したくない女性②

●ティリオン・ラニスター
タイウィン・ラニスターの第三子で、小鬼と呼ばれて忌み嫌われているが、頭の切れる男。誕生が母親の死を招いたゆえに、父と姉サーセイに憎まれるが、兄ジェイミーとは信頼し合っている。酒好き娼婦好き。優しい性格。落とし子のジョン・スノウとは友情を結ぶ。
口癖は、「ラニスターは借りを返す(ブロン以外に)」

●サーセイ・バラシオン
タイウェン・ラニスターの娘であり、王であるロバート・バラシオンの妻。双子のジェイミーとは秘密の関係。
政略結婚の為、夫であるロバートとの関係は冷え切っている。
残酷で強かなラニスターの血を最も色濃く受け継いでいる。
敵に回したく無い女性③

●ジェイミー・ラニスター
タイウェン・ラニスターの息子で剣の達人。ラニスター家の跡継ぎであるが、王の親衛隊である王の盾に父親の反対を押し切って入り、継承権を失う。サーセイとは密かに近親相姦関係にあり、ジョフリーらの父親である。小鬼の弟ティリオンとは信頼関係で結ばれている。
通称 王殺し(キングスレイヤー)
最初は色々嫌なヤツだけど、話が進むにつれて情状酌量の余地ありな男。
ラニスターは借りを返す(ブロン以外に)」

●ブロン
ティリオンと友人となる傭兵。
ジェイミーの剣の修行にも付き合った仲で、ラニスター家とはなかなか深い仲になる。
ティリオンとジェイミーに振り回されるが、なんだかんだラニスターのおかげでおいしい思いをしている男。

●シオン・グレイジョイ
グレイジョイ家の末っ子であり、父親がロバートに反乱を起こした際に人質としてスターク家に預けられる。
ロブとは親友であり、スターク家の子供達とは兄弟同然に育てられるが、グレイジョイとスタークの間で揺れ動く。
物語上、最も愚かな行為をするが、最も最悪な目に合う男。ぶるぶる・・・。


●マージェリー・タイレル
祖母オレナの教えを受けた賢く抜け目ないタイレル家の娘。ロバートの死後、王を自称するレンリー・バラシオンと結婚するが、レンリーが殺された後、ジョフリー王と婚約する。
サンサと友達になり、ジョフリーが民衆に愛されるよう努力する。
デナーリス上陸前はサーセイに対抗できた唯一の女性。

●ピーター・ベイリッシュ
通称リトルフィンガー。王国の大蔵大臣で、娼館を営む。
キャトリンとサンサに異常な愛情を向けるストーカー野郎。
誰もが一度は「気持ち悪い!」と言う男。

●サムウェル・ターリー
河間平野のタイレル家の旗主ランディル・ターリー公の長男であるが、臆病なため世継ぎの座を奪われ冥夜の守人にされる。
ジョン・スノウと親友。頭が良く、ジョンの知恵袋的な存在。ぽっちゃり系の天才肌。


もっともっと紹介したいキャラクターがたくさんいるのですが、何せ人数が多すぎるもので・・・。
気が向いたら増やしていこうと思います!
魅力的なキャラクターはたくさんいますが、個人的にはマージョリー王妃が好きでした。あのサーセイを相手に一歩も引かないあたりが強さを感じましたね!


☆感想
ゲームオブスローンズの見どころはたくさんあります!
まずは、スターク家・ラニスター家を中心とした7王国の国盗り合戦!
権力・暴力・知力・財力全ての力を尽くしての権力争いが始まります!
そんな中、誠実で素直なスターク家の面々は翻弄されて・・・。

また、主人公という主人公が存在しない話であります。(しいて言えば、デナーリス、ジョン、アリア、ティリオンあたりが主役と言えるのか)その為、いつ誰が死ぬのかわからない。ある意味リアルな王国の歴史と言えます。
個人的には血の結婚式は衝撃でした・・・。

7王国の権力争いだけではありません!
壁の向こうからはホワイトウォーカーと呼ばれるゾンビみたいな集団が襲来します!
主にジョンやサムウェルら冥屋の守人が戦っていますが、いい加減防げそうも無いですね!


ドキドキハラハラのゲームオブスローンズ!
歴史好きには特にたまらないと思います!
ゲームオブスローンズはHuluで視聴できます。
是非観て下さい!

海外ドラマの人物を掘り下げる① ハワード・ウォロウィッツ(ビッグバンセオリー)

大好きな海外ドラマの登場人物を掘り下げていきたいと思います!
まず第1回目はこの方!
f:id:mochida0703:20181210183518j:plain
ビッグバンセオリーのハワード・ジョエル・ウォロウィッツです!
(一番右の赤い服を着た方がハワードです)

ビッグバンセオリーと言えば、最初に浮かぶのはやはりシェルドンかなと思いますが、このハワード、歌ったり踊ったり、モノマネしたり、コミカルな動きで非常に芸達者です!
それもそのはず!演じているサイモン・ヘルバーグさんはアメリカの有名なコメディアンの方なんです!
(日本のドラマに芸人さんが出演している感じですね)

そんなハワード、どんな奴かと言うと、(以下ネタバレ含みます)

大学でエンジニアをしているユダヤ人。マサチューセッツ工科大学卒業のエリート。
だけど博士号を持っていないため、シェルドンや学長からバカにされている。
だが、エンジニアとして宇宙飛行士に選ばれる等、腕は超一流!
しかし、女性を口説く為に火星探査機を動かして、あげく壊してしまう等、ちょっぴり間抜け。
母親と二人暮らしで、かなりのマザコン
ナッツ・アレルギーがあり、ナッツ類を食べると死にかけるが、友人のレナードの為にわざとナッツを口にする一面も・・・。
シーズン序盤はとにかく女好きで、道行く女性に声をかけてはフラれていく・・・。
多国籍語を話せる(と本人は思っている)※クリンゴン語含む
ハワード11歳の時に父親がハワードとその母を捨て、家を出て行ってしまう。自分は子供に同じ目に合わせまいと手品など子供に受けのいい趣味を持っている。
そんな彼だが、ペニーの紹介でバーナデットと知り合い、交際、そして結婚する!
そしてシーズン9では念願のバーナデッド妊娠!!
幸せ絶頂なハワードです!


シーズン10以降ではハワードの子供も登場するのでしょうか。
気になりますね!

ビッグバンセオリーでは、メインキャラクターとは言えシェルドン・レナード・ペニーに比べるとメインとは言い難いハワード。
でも、彼のコミカルな動きがビッグバンセオリーには欠かせないと私は思っています!
是非ビッグバンセオリーを観る際は、ハワードのコミカルな小ネタにも注目してみて下さい!

是非観て欲しい!おススメの海外ドラマその⑥〖クロークアンドダガー〗

本日おススメする海外ドラマはこちら!
f:id:mochida0703:20181203175203p:plain
クロークアンドダガー
最近Huluではマーベルものが多く配信されていますが、こちらもそのひとつ。
言われなければマーベルと気づかないような内容ですので、アメコミ系が苦手な人でも抵抗なく観れると思います。
そして、何より私が海外ドラマを観るきっかけのひとつは決まって『主演女優がキレイ(可愛い)』なのですが、クロークアンドダガーの主演女優オリヴィア・ホルトもしっかり美人です!!

☆あらすじ
白人の女の子タンディ・ボウエンと黒人のタイロン・ジョンソンの2人が幼少期に事故でそれぞれの大切な人を失くした代償にスーパーパワーを手に入れる。
成長した二人があるパーティーで出会い、手が触れ合った瞬間、2人は特殊能力に目覚める。
お互いの無いものを補えいつつ、2人で成長してく物語。

☆登場人物(役者名)
●タンディ・ボウエン(オリヴィア・ホルト)
バレエが大好きな明るい女の子だったが、バレエの練習後に父親の車で事故で父を失う。
事故で落ちた海の中でタイウェンと出会う。
成長後は少々やさぐれて誰もいない教会で生活をしている。
男をたぶらかして盗みを働いたりするヤンキー少女。
タイロンと出会ってからは、光の力(ダガー)に目覚める。

●タイロン・ジョンソン(オーブリー・ジョセフ)
幼少期は兄のビリーに従うバスケ大好き少年。
警官の発砲で兄は死んでしまい、追いかけた海の中でタンディと出会う。
成長後はバスケ部に所属。でもみんなにイジメられているイジメられっ子。
両親からの期待も重くのしかかり、ややネガティブ思考。
タンディと出会ってからは、闇の力(クローク)に目覚める。


☆感想
●マーベルヒーローもので、特殊能力に目覚める系ですが、敵は大企業だったり悪徳警官だったり、ある意味一般な人の感じがリアルに感じられます。
話のテンポも良いので次から次へと観てしますね!
シーズン2も早く観たいです!

ビッグバンセオリーシーズン9!

先月Huluで配信されました!
f:id:mochida0703:20181202185011j:plain
ビッグバンセオリーシーズン9!
凄く楽しみにしていました!!!
まだ観ていない方は是非是非観て下さい!絶対オススメですよ!


以下、簡単な感想です。※軽いネタバレ含みます!

シーズン8の最後ではレナードとペニーがラスベガスで結婚式に向かう場面で終わりましたね!
そして、シェルドンが指輪まで用意していたのにエイミーにフラれるという悲しい結末・・・。

シーズン9ではレナードとペニーの結婚式から始まります!
しかし、結婚式って大事な行事なのにそんな勢いだけで決めていいのか・・・と思っていたら最後の方でお母さんに根に持たれていましたね(笑)

シェルドンはちょっとしたストーカー化していましたが、なんだかんだでエイミーと復縁できてよかった!やっぱりシェルドンにはエイミーしかいない!

ハワードとバーナデットはもう安定した夫婦です。実は久しぶりにシーズン1・2あたりを見返したらバーナデットと出会う前のハワードってこんなにキモかったんですね・・・。忘れていました・・・。こんなまともな人間になってハワードはバーナデッドに感謝ですね!

ってかラージ!二股って!!おい!!うらや・・・駄目じゃないか!
しかも二人とも美女だし!
最初の彼女のエミリーは準レギュラー化するのかなと思っていましたが、どうやら彼女同時期に某有名海外ドラマにも出演しているんですねー!
それもあってか徐々にフェードアウトするのかな・・・。残念! まあ、ペニーとウマが合わなそうでしたしね(笑)

ハワードとラージの微妙な歌も最高でした!

どうやら本場アメリカではラストシーズンになるシーズン12の撮影中らしいですね!
寂しくなるなー・・・。
でもまだ3シーズンあります!
まだ観てない方は是非観て下さい!

是非観て欲しい!おススメの海外ドラマその⑤〖24レガシー〗

本日おススメする海外ドラマはこちら!
f:id:mochida0703:20180902163216j:plain
24レガシー

大ヒットした海外ドラマ 24のスピンオフ作品になります。
実は私、24は観たことないんです。流行った当時は海外ドラマに興味無かったのと、興味がある今でも今更感があって24はまだ観ていません。
なので、「どうせ24を観てないと話がよくわからないんでしょ・・・」と思って24レガシーも観るつもりはありませんでした。

しかし、元々CIAやら特殊部隊やらが大好きな私!Huluに出てくるおススメ欄を観ているうちにどんどん興味が沸き、(Huluのおススメ欄って凄いです!本当に興味ある作品が出てきます!)他の方のレビューを観ていても、
・基本的に24に出てきたキャラクターは出てこない(あの有名なジャックバウアーも出演していません!)
・24観ていない人でも楽しめる
との評判だった為、視聴することに決めました!

☆あらすじ
イエメンでテロリストの首謀者を殺害した陸軍特殊部隊のエリート、エリック・カーター。その後アメリカでテロリスト達の反撃に合い、自身だけでなく家族の命も脅かされる。そして国家までもが危険にさらされていることを知り、元CTU (テロ対策ユニット) 局長レベッカイングラムと共にテロリストに立ち向かう

☆登場人物(役名)
●エリック・カーター(コーリー・ホーキンズ)
陸軍特殊部隊・通称「レンジャー」の元兵士。過去にイエメンでテロリストの首謀者イブラヒム・ビンハリードを殺害する。その時の報復として(別の狙いもあり)テロリスト達に狙われる。元CTU局長レベッカイングラムとは深く信頼し合っている。


●ニコール・カーター(アナ・ディオプ)
エリックの妻であり、エリックの兄であるアイザックの元恋人。特殊部隊を引退したエリックを支えるが、エリックが"戦いに飢えている"ことを見抜く。エリック共にテロリスト達の襲撃に合う。

レベッカイングラムミランダ・オットー)
CTU局長で、現在は夫ジョン・ドノヴァンの大統領選出馬を支える。エリックに対する信頼は厚い。元々の仕事上、旦那にも言えない秘密を多数抱えている。

●ジョン・ドノヴァン(ジミー・スミッツ)
レベッカの夫。上院議員。次期大統領選に出馬する。

アイザック・カーター(アシュリー・トーマス)
エリックの兄でニコールの元恋人。麻薬密売組織のボス。弟(エリック)と恋人(ニコール)が同時に出て行ってしまったショックから人を信用できなくなり、組織内の人望も薄れ始めている。

●アンディ・シャロウィッツ(ダン・ブカティンスキー)
分析官。レベッカの信頼の厚いCTUスタッフ。エリックとは初対面であったが、レベッカを通じて信頼し合える中だと感じている。新局長のマリンズに煙たがられている。

●キース・マリンズ(テディ・シアーズ)
CTUの新局長。レベッカの後任。レベッカの息のかかったスタッフを切り捨て、自分の信用できるスタッフを採用している。

アミラ・ドゥダエフ(キャサリンプレスコット
パーシング高校の生徒。2年前にチェチェン共和国から入国。

●ジャダラ・ビンハリード(ラファエル・アクローク)
エリック達を襲撃したテロリストの首謀者。イブラヒム・ビンハリードの息子。父が殺害されるまでは欧米に憧れてオックスフォード大学に通っていた。

●イブラヒム・ビンハリード(イーライ・ダンカー)
ジャダラの父。エリックら陸軍特殊部隊にイエメンで殺害された。

●アシム・ナセリ (オデッド・フェール)
イブラヒムの腹心。

※主人公のエリック・カーターを演じているのは、あの有名なで〖ウォーキングデッド〗でヒース役を演じているコーリー・ホーキンズ!どこかで見たことあるなと思ったんです!
アレクサンドリアの住民の中では数少ない外の世界に出られる人間として能力的にも主人公リック達に近い、役に立つ人物という印象でした!(リック達はアレクサンドリアの住民からしたら化け物に見えたでしょうね・・・)

アミラ・ドゥダエフ役のキャサリンプレスコットは、前回紹介した〖ファインディング・カーター〗で主人公カーターを演じていました!(24レガシーの主人公もエリック・”カーター”・・・ややこしいですね・・・w)今作での初登場も学校で男子と言い争いしていたので一瞬ファインディングカーターのカーターちゃんかと思いましたw

知っている役者さんが別のドラマに出ているとうれしくなりますね!

☆みどころ
●24時間リアルタイムでの進行
ドラマは正午から始まり、1話(1時間)で1時間ずつ物語が進行いていく、従来の24と同じ手法を取っています(まだ観てないですがw)
これがまた、臨場感があって凄くイイです! 車の移動等は「そんな早く移動できる距離なの?」と突っ込んでしまう所もありますが、きっと緊迫感のある展開なので飛ばしているんでしょうw

●エリックのアクションシーン
基本的にエリックとテロリストの戦闘シーンが多いです。圧倒的不利な状況から、戦局を覆すエリック、ツエェェェ・・・!そこに痺れる!憧れます!

●テロリスト達の強さ
強いのはエリックだけではありません!テロリスト達もめちゃくちゃ手ごわいです!CTU及びアメリカは何度も危機的状況に追い込まれます。

●後半にいけばいくほど面白い!
最初の2話くらいでおもしろいのは確信しましたが、後半に行けば行くほど怒涛の展開で次から次へと眠れません!

●24を観ていない人にもおススメ!
最初に述べたように24を観ていなくても何の問題もありません!むしろ、レガシーを観たら24が気になりますw
これを機に私も24を観ようかな!と思っています。

怒涛の展開で夜も眠れない!
24レガシーはHuluにて配信中です。今なら2週間無料トライアルも実施しているので、気になる方は是非観てみて下さい!

是非観て欲しい!おススメの海外ドラマ④〖ファインディングカーター〗

丁度昨日見終わったドラマがありますのでご紹介します!
f:id:mochida0703:20180810144954j:plain
ファインディングカーター

☆あらすじ
16歳のカーターはある日、補導されたのがきっかけで自分の母親(ロリ)は実は母親では無く自分が3歳の時に本当の家族のから連れ去った誘拐犯だと知る。本当の家族の元(ウィルソン家)に強制的に返されるが、元々、自由奔放に育てられたカーターは厳格な警察官である母親(エリザベス)に馴染めずに反発する。徐々に和解するカーターとエリザベス。しかし、家族の色々な嘘が明るみに出て、話が2転3転するお話。


☆登場人物(役者名)
●カーター・スティーブンス/本名リンデン・ウィルソン(キャサリンプレスコット
本作の主人公。3歳でロリに誘拐され、以降16歳までロリのことを本当の母親であると思っていたが、補導されたのきっかけに本当の家族(ウィルソン家)の元に13年ぶりに戻る。厳格なエリザベスに対して当初は反発していたが、エリザベスの努力もあり徐々に態度は軟化していく。エリザベスのことを本当の母親と認めてからは、育ての母親であるロリと対立するが、それでも他のウィルソン家の人間と違い、ロリを憎んだりはできない。
モテモテの今時の女子高生で、行動派。クラスの中心にいるタイプ。友人のバード曰く「誰もがあなたと友達になりたがる」
また正義感が強く、嘘を嫌う性格である。

●ロリ・スティーブンス(ミレーナ・ゴヴィッチ)
3歳のカーターを誘拐したカーター育ての親。シーズン1では誘拐犯として主に追われている。誘拐発覚前までのカーターとの関係は、周囲が羨む程の理想の母子であった。発覚後も誘拐犯として追われながらも必死にカーターとコンタクトを取ろうとする。カーターを誘拐した動機・ウィルソン家に固執する理由は後に発覚する。

エリザベス・ウィルソン(シンシヤ・ワトロス)
カーターの実の母親。3歳の時に誘拐されたカーターを探す為に警察官となる。当初はカーターに対して過干渉すぎて、距離を取られるが、努力によって本当の母親だと認められるようになる。カーターを誘拐したロリに対しては当然激しい怒りを覚えている。カーター、テイラー(カーターの双子の妹)、グラント(息子)の3人の子育てに奮闘中。

●デビット・ウィルソン(アレクシス・デニソフ)
カーターの実の父親。基本的にイイ人で、カーターの行動にも理解を示す為、最初からカーターに好かれる。しかし、家族に言えない秘密をたくさん抱えていたりする。普段は小説家だが、唯一のヒット作は、カーターが誘拐されたノンフィクション作品。カーターが戻って来た日々を綴る『ファインディングカーター』を執筆中。

●テイラー・ウィルソン(アンナ・ジャコビー・ヘロン)
テイラーの双子の妹。本人はイケている姉(カーター)とイケていない妹「テイラー」と思っているが、結構モテている。学年1の優等生でもあるが、カーターの自由奔放な生き方に影響され、様々な初体験をする。カーターが来た当初は、イケている姉に対して嫉妬心があったが、ストーリーが進むにつれてお互いに自分に無いものを持っている為、自慢の姉、自慢の妹の関係となる。彼氏のマックスに対しては異常な程の愛情を示す。

●グラント・ウィルソン(ザック・プラム)
ウィルソン家の末っ子。カーターとテイラーの弟。12歳。ゲームが大好きで、やや卑屈で皮肉屋な性格。家族の中でもするどい洞察力を持っており、バイトしながらロリにメッセージを送るカーターの思惑に一番に気づく。何にも悪いことをしていないのに、家族がゴタゴタを起こすので巻き込まれたり、陰が薄くなったりで、少しかわいそうな少年。テイラーの彼氏のマックスとは親友となる。

●マックス(アレックス・サクソン)
誘拐発覚前のカーターの彼氏であり、現在はテイラーの彼氏。基本的に良いやつでイケメン。ロリのことももちろん知っているが、カーターと仲良くなりたいエリザベスの話を聞いて協力する。

☆みどころ
●問題の多いウィルソン家
ウィルソン家は一見、普通の家庭に見えますが、夫婦のW不倫等さまざまな問題が発生します。そんなややこしい問題をカーターがさらにややこしくして、1つ1つ解決していきます。

●登場人物の心境の変化。
年頃の娘であるカーター。色々な真実を知って、向き合って成長していきます。カーターだけでなく、様々な登場人物が色々な体験を通して成長する姿が描かれています。登場時、とんでもない悪者だったヤツも改心して再登場したりしますが、絶対なにか企んでるだろうと思って観ていても本当に改心してカーターを守ったりします。

●個性豊かな友人たち
テイラーの幼馴染であるゲイブや、カーター、テイラーの親友でもあるバード等、カーターの同世代の友人たちもそれぞれの事情を抱えています。
カーター達と共に苦難に立ち向かいます。


次々と予想外な展開となるファインディングカーターは、まさに海外ドラマらしい海外ドラマです。
ファインディングカーターはHuluにて配信中です。今なら2週間無料トライアルも実施しているので、気になる方は是非観てみて下さい!

是非観て欲しい!おススメの海外ドラマ③〖ビッグバンセオリー〗

今回ご紹介させて頂くのは、
f:id:mochida0703:20180808175941j:plain
ビッグバンセオリー

恐らく管理人が最もハマったドラマがこのドラマです。
アメリカでも凄い人気あるドラマで、数々の賞を受賞しているようですね!
ちなみに、管理人が以前動物園で仲良くなったアメリカ人に、
「アーユーフロム?」
「ユナイテッドステイツ」
「おー!アイライク ビッグバンセオリー」
と言ったら、
「オー!イエス!シェルドン!シェルドン!」
と凄く反応が返って来たことを思い出します。(管理人の英語力が低すぎる為、シェルドン以外はなんて言っているかわかりませんでした・・・。)

☆あらすじ
●モテないオタクな4人組(レナード・シェルドン・ハワード・ラージ)。ある日レナードとシェルドンが同居しているアパートの向かいの部屋に美女が引っ越して来る。オタクと美女の新生活が始まるお話。コメディです。

☆登場人物(役者名)
●レナード・ホフスタッダー(ジョニー・ガレッキ)
物理学の研究者で、カリフォルニア工科大学において実験物理学者としてレーザー技術などを研究。24歳でプリンストン大学から博士号を取得。IQは173もある天才。シェルドンとルームシェアをしているが、わがままな彼に日々手を焼かされている。性格は内気でやや卑屈、そしてゲームやコミックブックが好きなオタク。
オタク4人組の中でも彼女ができる点から、比較的モテる。けど、本当に好きなのはペニーなんです。終始ペニーに振り回されるオタク。

●ペニー(ケイリー・クオコ)
レナードとシェルドンの向かいの部屋に引っ越してきたブロンドの美女。ネブラスカ州出身。苗字は不明。
普段は女優を目指しながらチーズケーキ・ファクトリー(The Cheesecake Factory)というレストランでウェイトレスとして働いている。度々金欠に陥り、レナードやシェルドンたちに食事を世話になったり、彼らのWi-Fiの電波を利用させてもらったりしている。
ネブラスカの田舎出身の為、魚を捌いたりと登場人物の誰よりも男らしい一面もあるが、オタクなレナード達にも偏見を持つことなく接して来る気のいい女の子。いろんな男と付き合ってきたけど、やっぱりレナードが気になるご様子。シェルドンのことは弟のように思っている。

●シェルドン・クーパー(ジム・パーソンズ
カリフォルニア工科大学の物理学博士。理論物理学者で、専門はひも理論。IQは187の超天才。レナードのルームメイト。変人。
子供っぽい一面も持ち、しばしば大人げない態度をとる。笑顔が苦手で、極端な潔癖性。変人。
ペニーのことをいつも馬鹿にするが、風邪をひいた時などに看病してもらったり、実は姉のように思っている。変人。
彼の言動1つ1つで物語が大きく動きだす。愛すべき変人。


●ハワード・ウォロウィッツ(サイモン・ヘルバーグ)
大学で、応用物理学のエンジニアをしているユダヤ人。工学の修士号マサチューセッツ工科大学から取得しているが、博士号を取得していないことを理由に、シェルドンらから度々からかいを受けている。一番エロいヤツ。マザコン。でも、愛に溢れた男。

●ラジェッシュ・"ラージ"・クースラポリ(クナル・ネイヤー)
インドのニューデリー出身。専門は素粒子論的宇宙論。インドにある実家は産婦人科医院を開業しており極めて裕福、親の仕送りで贅沢をして暮らしている。6人きょうだいの三男坊。生粋のインド人だがインド料理が苦手で、人ごみ嫌いのためインドに帰国することを嫌がっている。
女の子は好きだが、女の子の前では緊張してお酒が無いと話せない。素面の時はハワードに通訳してもらうシャイボーイ。

バーナデット・メリーアン・ロステンコウスキ・ウォロウィッツ(メリッサ・ラウシュ)
ペニーのチーズケーキ・ファクトリーの同僚で、友人。ポーランドアメリカ人。非常に小柄な女性。
初登場時は大学院生で、微生物学を研究していた。後に博士号を取得し、優良企業に就職した。
あれ?苗字が・・・。

●エイミー・ファラ・ファウラー(メイム・ビアリク)
シーズン3最終話から登場するシェルドンのガールフレンド。ハーバード大学で学んだ脳神経学者。ハワードとラージが出会い系サイトで検索して探し出し、シェルドンに紹介する。女性版シェルドン。

☆みどころ
●レナード達の熱い友情!
レナード達男4人とペニー達女性3人が本当に仲良しで、いつもレナード達の家に遊びにきて色々なゲームをしている。ゲームの内容もくだらないものから、本格的なものまで多彩で、いつか自分もレナード達の家に行きたいなーと思ってしまいます。

●恋愛
レナード×ペニーやハワード×バーナデット等、様々なカップルが誕生するのがこのドラマです。山あり谷あり笑いありの恋愛模様を繰り広げます。

●シェルドン
とにかくシェルドンがヒドイ・・・(いい意味で)この男がいるだけで笑えてきます!

●1話20分の手軽さ
1話約20分なので、軽く見れます。でもおもしろすぎて何話も見てしまって結局寝るのが遅くなります。


とにかく笑えるビッグバンセオリー! Huluにて配信中です。今なら2週間無料トライアルも実施しているので、気になる方は是非観てみて下さい!